武智美保は、京都の室町で生まれ育った。実家は、西陣織のネクタイ製造などの繊維関係の仕事をしていたが、アートの世界に大きな興味を持った武智は、 大学卒業後、スイス、チューリッヒのアート・アカデミーに留学する。ここで彼女は、文化人のサロン的な雰囲気や文化の支援活動にふれ、また、アートが ビジネスになる現場も体験するにいたる。その後、ドイツやイタリアで、アートや文化に関わるさまざまな経験を積む一方、京都の伝統文化のもつ素晴らしさ にも目覚めてゆく。このような内外の豊富な経験をベースにして、武智は京都を舞台にしたアートプロデュースの仕事を始めた。

More about us

news